ディーラーによる下取りは同じところで購入も売却も済ませられるけど…

乗り換えで新しい車を買う際に、これまで乗っていた車に値段をつけ、売却代金に充当するのがディーラーによる下取りです。同じところで購入も売却も済ませられるので、買取業者を利用するのにくらべると買い替えにかかる手間は半分で済みます。ただ、実際の買取価格で比べると中古車専門店による買取とディーラー下取りでは、下取り価格は業者買取価格より安くなるのは確かです。同じ処分するのでも安いと高いでは気分も違います。高額査定を期待するのでしたら下取りには出さずに買取業者に査定を依頼しましょう。中古車を売買しようとするときに、多くの業者に出張査定依頼をして、時を同じくして中古車を査定してもらうことを「相見積もり」といいます。相見積もりをしてもらうと何が得かというと、査定スタッフが同時に価格を提示することで価格競争になり査定額が上がることです。中古車買取会社の中には相見積もりを快く思わないところもあるのですが、相見積もりに難色を示さないところは是非とも手に入れたいと考えている業者が多く、価格競争が激しくなると思って構わないでしょう。相見積もりは車をなるべく高く売るために効果的な方法といえるでしょう。全部が全部という訳ではありませんが、車を売却したお金に税金がかかってくる場合があるのです。所有者が個人であって、通勤専用車であれば所得税はかかりません。通勤以外でレジャーなどに行くときにも乗っていたのならば、課税対象になり、所得税の支払いをするようになるかも知れません。車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、不明瞭な点があったら確定申告を行う際に税務署のスタッフに聞いてみてください。自動車というものは頻繁に乗らなくても維持費は一様にかかってくるものです。公共の交通機関が自宅周辺に沢山あって、自家用車がなくてもあまり不便に感じないなら手放すことで家計はかなり節約できるでしょう。自動車を維持するための費用の内訳を見てみると、自動車税や保険料、さらには車検代、持ち家でなければ駐車場の代金も負担しなければいけませんね。以上の合計を鑑みると、およそ年間数十万円にもなる場合だって珍しくありませんからビックリですよね。自分が乗っていた愛車を売却する際には、できるだけ事前にきれいに掃除してから査定に出すことが大切です。きれいに掃除するわけは2つあります。1つめは車の扱いが丁寧なオーナーであると業者にアピール出来る点です。もう一点の理由は、自動車の中に染みついているいやな臭いを軽くする効果があるからです。ペット臭や煙草の臭いがする車は、具合がどの程度かにもよってきますが大きなマイナスポイントです。嫌な臭いの原因になっているものは車内の汚れですから、丁寧にすみずみまで清掃することによって出来るだけ臭いのない車内にすることができるのですね。親戚や家族が所有者として登録されている車も要件さえ整えば売却できます。売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。ただ、所有者が故人のときは、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。このときは、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、売るのは簡単なことではありません。半ば粗大ゴミのような状態になってしまっている、すでに車検が切れてしまった車でも買取りしてもらうことは可能です。売却は可能ですが、車検切れだと言うことは道路を走って移動させることは禁止ですから、現地まで査定士に来てもらって見積もりを依頼しましょう。もう車検の期限が切れている車でも買い取りしてくれる店舗ならば、ただで引き取りに来てくれる業者がほとんどです。また、あらかじめ車検に出してから車を売ることは無意味です。車検費用の方がほとんどの場合査定に上乗せされる額よりも高くなるからです。愛車を手放した後から、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を理由として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除を告げられることがあります。もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら自分側が悪いと言えますが、査定士が見積もり時に傷などを確認していなかったのならば自分は何も責任を取る必要はないのです。納得できない理由で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、国民生活センターへ赴いて、車の売却でトラブルになっていると旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。中古車の相場は人気や流通実績値で決まりますが、国産車より流通量が少ない外車は、査定額は買取店舗によって違いが出やすいです。よく確かめもしないで売るとあとで後悔するはめになりかねません。査定を依頼するなら輸入車専門の業者にした方が、外車販売に関するノウハウの蓄積があるため不当な安値をつけられる心配というのがありません。では外車専門店ならそれでいいかというとそうではありません。外車を扱うところは、スポーツカーが得意だったりドイツ車中心であったりと業者によって特色があります。まずはネットの一括査定サービスなどを使って、売却対象車とのマッチングが良い業者を探すことから始めてみてはいかがでしょう。中古車売買は査定に始まり売却で終わります。流れとしては、手始めに査定サイトなどから申し込み、現物確認なしの仮査定額をチェックします。次に買取対象となる車を実際に業者が採点していき、実際の査定額(買取額)が提示されます。思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよ価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。契約すればあとは車とキーを業者に渡すことになります。そして無事に手続き全般が終わったところで売主の口座に売却代金の振込があります。

参考サイト:車のオンライン査定におすすめの車買取業者ランキング【2018年】
URL:https://www.nhpr-cardonations.org/